▼ロシア基本情報▲
時差とサマータイム
ロシアはとても広い国なので、地域によって時差が違ったりします。 最西端の飛び地カリーニングラード州から東端のチュコト半島まで国内が11の時間帯に分かれています。 モスクワやサンクトペテルブルグを含むヨーロッパ・ロシア地域のほとんどは日本との時差はマイナス6時間になります。 ロシアでは3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までは日の出時刻が早まる時期に時計の針を1時間進めて夕方の明るい時間を 増やし、日の出から1日の活動開始までの太陽光を有効活用できない時間を減らす制度があります。これをサマータイムと言い、この間は 日本との時差が1時間縮まります。
 
ロシア観光ガイド