▼ロシアの観光スポット▲
イサク聖堂
イサク聖堂はサンクト・ペテルブルグを帝都としたピヨートル1世が自ら礎石を据えたこの街の象徴する聖堂です。 1818年から1858年まで40年も掛かって建てられた聖堂で、その大きさは世界で3番目と言われています。 他の建物と比べると外観などのデザインは地味ですが、中は世界最大級の聖堂というだけありとても綺麗です。 孔雀石やトパーズなどの装飾や、イコンがとても素晴らしいです。 また展望台もあるので360度のパノラマを楽しむこともできます。 有料になりますが、撮影することもできるので観光にはとてもいい場所です。
 
ロシア観光ガイド